SDGsへの取り組み – ゼンヤクノー

SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された開発目標のことです。 「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包括性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標を定めています。 ゼンヤクノーはSDGsの考えに共感し、活動に取り組んでいます。

世界を変えるための17の目標

弊社におけるSDGsの取り組み

■食材、土地を有効に利用

・持続可能な生産消費形態を確保するために、地元の農家と協力しながらはと麦の生産量を上げるための勉強会等を開いています。
・食べられるはずなのに捨てられてしまう「葉」や「茎」、「根」など、可能な限り可食部すべて(全草)をお茶に加工します。
・鳥取では耕作放棄地削減に向けて「鳥取桑プロジェクト」を始動。製糸業の衰退で放棄地となっていた桑畑を健康茶として有効利用しています。

■誰もが働きやすい環境づくり

・従業員の50%以上を女性が占め、残業がほとんどない働き方を追求しています。
・障がいのある人もない人も働きやすい職場を目指し、実践しています。

■食品安全への取り組み

・お客様に食の安全安心を提供するために、製造工場は 「FSSC22000」 「有機JAS」 認証を取得しています。
・上記の規格に則り、原料の調達、製造に責任を持って管理しています。